トレーニングアシスト@ローラー

最近、毎日とは言えないけど朝ローラー(30分~1時間)をやることにした。

 

きっかけは先月の月末にボスたちが出張でいなくて一人だったので、ちょっと運動がてら帰る前にローラーでFTP測定をしてみたらめちゃくちゃ低かったから…。

ローラーは出力が低く出るとよく聞くのでその影響だと思うことにしておく!

 

レースはヒルクライムくらいしかでないのでそれに合わせてそれっぽいメニューで。

  • B6:メディオ走相当。20分 MMP 86% で10分の休憩をはさみ2本。
  • B7:ロングインターバル。FTP90% で2分,休憩3分を8~10回。
  • B9:負荷上げてく。10分-5分-3分と負荷を上げつつ時間を短くしていく

基本的にはこの3つのメニューを組み合わせて実施。たまにタバタもやる(かなりきつい)。

 

これで今年の富士ヒルクライムは去年より成績が伸びると良いなー。頑張ろう。走れないかもしれないけど。

練習のおかげかCTLが少しずつ上昇してきてたぶん今までで一番高い値になってきた!

 

さらに頑張れるようにトレーニングピークスのウェブ版の有料会員になってみた。

Workout Log & Training Plans for Cycling, Running, Triathlon | TrainingPeaks

PC用のアプリWKO4もトレーニングメニューが組めるとかなんとかって話みたいなのでまずは無料版を試してみようかな。

 

ローラー環境はこんな感じ。

IMG_5295.JPG

 

使用しているのは以下のものたち。

Q1.1の負荷はずっと最大で。最大にすると自分が思っている速度とワットの関係に非常に近いのよね(20km/h:100w, 30km/h:200w, 40km/h:300w)。負荷を軽くしちゃうと同じワットを維持しようとしたときに速度が速くなり距離が伸びすぎてしまい、stravaのクラブでのリーダーボード距離部門で上位になっちゃう!でもそれは本意ではないのでできるかぎり実装に近い負荷に合わせています。

汗カバーだけだと足りないのでローラーの上に新聞を一枚掛けてます。これでダンシングとかしないかぎりは汗はローラーにかからず清潔です。ダンシングとかすると前ローラーとかそれより前に汗が飛ぶので、練習が終わった後にはきちんとお掃除しましょうー。

ローラー終わるとジャージが汗だくになるのだけど、事務所の洗濯機を貸してもらえるのが非常に助かります。良い環境です、恵まれています。

花粉の季節は室内で快適にローラーライドしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です