レックマウントプラス for iPhone X

レックマウントの代表さんから「こんなのもあるんですよ」と、レックマウントプラスというものを教えてもらった。
https://recmount-plus.com/
教えて頂くまでまったく知りませんでした。まだまだ勉強不足です。

ということでいくつか購入してみて、会社に送ってもらったので開封してみた。

購入した物一覧。
リストはまたあとでまとめます(Amazonへのリンクとなりますが、ごめんなさい)。

まずはiPhone X用のケース。

意外としっかりしている。ストラップ付き。


もともと使っていた、ELECOMのショック吸収ケースとの比較。
大きさは変わらないけど、厚さがある。ELECOMも厚いなーと思っていたけどもっと厚かった。
ただ、持った感じは薄く感じる。


一緒にリングストラップも購入。リングストラップは90度単位で取り付け角度を変更できる。ただ、90度単位でしかリングが変わらないので、持ち方に合わせて調整して使うというのが出来ない、残念。
あとは、なんとなく緩い気がする。でもまぁ、取れることは無いとは思う。


レインカバーも買ってみた。iPhone X は防水だから不要なんだろうけど、防護カバーの意味も込めて。
ただ、自分のiPhoneXはガラスフィルムを貼っているためか、カバーを掛けると操作ができない。
別のiPhone(4S,5s,6s)は普通のフィルムを貼っているけど、カバー越しにも作業できるので、ガラスフィルムが影響しているみたい。
なるほど。

カバーに入れてみた。

専用品だけあって、ばっちりフィット。

カバーはストラップを付ける場所にもかぶっているので、そこが膨らんでしまうのがちょっと気になるなぁ。

自転車への取り付けはステムマウントを使用する。

レバー全色の写真。

でも、最初は無難に黒で使用します。

ステムマウントはシムが二種類あって、自分の見やすい角度に調整ができる。自転車にとりつけてみた。

左から、4度シム後上げ方向、4度シム前上げ方向、角度調整なしシム、をそれぞれ装着した写真。
自分は一番最後の角度調整がないシムを使用することにしました。

装着後に上らか見た写真。

iPhone X がでかすぎる……。
ただ、取り付けて実際に走ってみたけど、よほど極端に自転車を振ってダンシングしない限りは当たりませんでした(自分の場合は)。

さらに購入したのが車用のマウント。

昔ながら?のエアコン吹き出し口に取り付けるタイプ。また今度余裕が出来たら試してみる。

磁石が付いていてリングストラップを吸着することができる。

 

実際に、iPhoneとか自転車につけて走りたくない、と思っていたんだけど、通勤の最中とかメールや電話が来たりすると誰だろうと思って、止まってスマホを出してチェックしてという面倒くさいことをやっていたのだけど、ちょっと目線をずらすだけですぐわかるのがちょー便利。
あとはZWIFTとかするときに、コンパニオンアプリを入れておくといろいろとはかどる。音楽再生中もぱっぱと選挙区選曲できるしね。
かなーり便利です。おすすめです。

購入した物一覧です。

あとは、ケースに付属していたストラップだとちょっと心もとなく、普段使用するときにもなんとなくイマイチだったの普通のストラップも購入してみた。

ただ、この大きさでも自分のENVEステムに巻くのはちょっと短い。

ということで、レックマウントプラスはおススメです。皆さんもぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です